一度は行ってみたい!沖縄の絶景ビーチ5選

与那覇前浜ビーチ(宮古島)

東洋一美しいと言われているビーチです。およそ7kmに渡る白くてふわふわとしたパウダーサンドと、透明度の高いエメラルドグリーンの海は絶景です。宮古空港から車で15分程の距離にあるので、アクセスしやすいのも良いですね。

“一度は行ってみたい!沖縄の絶景ビーチ5選” の続きを読む

東京都港区の広尾エリアには独特な雰囲気がある

広尾とはどんなところ?

広尾とは、東京都渋谷区の東部に広がるエリアです。なお、広尾地区の東端には東京メトロ日比谷線の広尾という駅があります。この駅の東側は東京都港区の南麻布エリアになりますが、広尾駅から近い南麻布の西端エリアも広尾エリアの一部として扱われている傾向です。白金台(港区)や田園調布(大田区)・松濤(渋谷区)などと共に高級住宅街として栄えてきた歴史をもちます。

“東京都港区の広尾エリアには独特な雰囲気がある” の続きを読む

国内旅行をするなら訪れてみたいパワースポット

神話の中にも登場する聖域の岬

国内には神話や歴史が刻まれたさまざまなパワースポットが存在します。石川県の能登半島の先端にある珠洲岬は、聖域の岬とも呼ばれているパワースポットです。出雲風土記の国引きの神話にも登場する最果ての地であり、日本三大聖域の一つにも数えられています。上空のジェット気流、南北から流れる還流と暖流が交わる地域であり、空と海からのエネルギーが体感できるでしょう。日本海の海原を一望できる空中展望台や遊歩道として整備された青の洞窟などの見どころもたくさんあります。

“国内旅行をするなら訪れてみたいパワースポット” の続きを読む

北関東の主要都市・宇都宮の穴場スポット3選をご紹介!

大谷石資料館で幻想的な空間を体験しよう!

テレビ番組でも紹介されるなど有名なのが「大谷石資料館」です。「資料館」と聞くと、地味だったりこじんまりとしていたりという印象がありますが、ここは違います。特に、採掘跡の雄大な風景と、広い地下採掘場は圧巻です。カフェスペースやショップも充実しているほか、地下空間を利用した様々なイベントも開催されていますので、是非チェックしてから出かけましょう!

“北関東の主要都市・宇都宮の穴場スポット3選をご紹介!” の続きを読む

国内外の旅行をお得料金にして楽しむ方がある!

意外と大切な旅行に行く時期!

旅行に行く場合にかかる主な費用は、宿泊代や交通費になります。これらの費用は一年のうち一定の金額ではなく、月によって変動します。変動する理由の一つに、旅行客が多いか少ないかがあります。日本人が旅行に行く時期で多いのは、3・7〜9・12月です。逆に、少ないのは、1・4〜5・11月になります。4〜5月に関してはGWの期間は高めですがそれ以外の日にちは安めです。

また意外かもしれませんが大型連休の前後は、利用者がいなくなるので安くなる傾向にあります。考え方を変えて旅行者が少ないときに旅行に行くとメリットが有ると言えます。たとえば、人ごみに巻き込まれないことや観光地をじっくり観察することができるなどです。旅行に行く時期に自由がきく人は、調整してみるのもいいかもしれません。

“国内外の旅行をお得料金にして楽しむ方がある!” の続きを読む

山梨県北杜市南部のテーマビレッジの人気が上昇中!

人気アニメに関連するテーマビレッジ

山梨県北西部の端に位置する北杜市に日本で国民的人気を誇る某アニメ作品をイメージしたテーマビレッジ(フラワーパーク)があります。2005年に開園したばかりながら、口コミで認知度が上がっていき、近年はテレビ・雑誌等の取材も増えて人気急上昇中です。

“山梨県北杜市南部のテーマビレッジの人気が上昇中!” の続きを読む

サンクト・ペテルブルグ歴史地区〜ロシア近代化の象徴〜

サンクト・ペテルブルグはヨーロッパを参考にした

サンクト・ペテルブルグは、ロシアの近代化を推し進めたピョートル大帝が、「ヨーロッパの窓」として18世紀初頭に建設した都市です。ネヴァ川の河口の島々に400の橋を架けて、運河に巡らせた光景は「北のヴェネツィア」と称されました。
街にはカザン大聖堂やイサク聖堂など、ヨーロッパの様式を取り入れた数々の建築物が並んでいます。これは、ヨーロッパの文化を取り入れることで、ロシアの近代化につながると考えられたのです。日本で言うところの明治維新が、ロシアでも起こっていたわけです。

アクセスは、日本からモスクワ行きの飛行機に乗って10時間、モスクワでサンクト・ペテルブルグ行きに乗り換えて1時間15分ほどで到着します。

“サンクト・ペテルブルグ歴史地区〜ロシア近代化の象徴〜” の続きを読む

死ぬまでに一度は見たい世界遺産!フィリピン・コルディリェーラの棚田群

天国の階段と称された世界最大の棚田

フィリピンのルソン島北部のコルディリェーラ山脈には、広大な規模の棚田があります。標高2,000mを超える山の中腹から頂上にかけて開拓された棚田1つあたりの大きさは幅2〜3m程度で、6〜10mほどの石垣によって支えられています。棚田は壮大で高さは約1,500mになり、コルディリェーラの棚田群をすべてつなぎ合わせると、地球半周分の長さに匹敵すると言われています。その広さから、コルディリェーラの棚田群は「天国の階段」と呼ばれるようになりました。
ここを訪れた観光客は、目の前に広がる農耕風景に圧倒されること間違いありません。棚田を見るベストポイントは棚田の最上部です。棚田を見下ろすように見ることで、その壮大さがよりはっきりとわかります。

しかも、コルディリェーラの棚田群では、現在でも稲作を手作業で行っています。農道の役割を果たす石垣の道幅はわずは30cmしかなく、トラクターが入れないためです。現地で棚田の広大さを知った人は、棚田を守り続ける地元の人々に感服するでしょう。

“死ぬまでに一度は見たい世界遺産!フィリピン・コルディリェーラの棚田群” の続きを読む

国内旅行に持って行くと便利なものとは!?

国内旅行であると便利なもの

国内旅行に出かけるならば財布と現金を絶対に忘れてはいけません。旅行先で落としてしまうこともあるので、現金は1つにまとめずに小分けにしておくと安心できます。キャッシュカードも持って行くと便利です。想定外のことで出費が必要になった場合でも柔軟に対応することができます。さらにクレジットカードがあると現金を持ち歩かなくて済みます。ただしお店よってはクレジットカードが使えない場合もあるので多少の現金は用意する必要があります。運転免許証を持って行くとレンタカーを借りることができます。レンタカーを使用する予定がなくても急に必要となることがあります。予め運転免許証を所持しておけば安心です。さらに体調不良や怪我に備えて健康保険証を持って行くとよいでしょう。

“国内旅行に持って行くと便利なものとは!?” の続きを読む

日本武道館の姿を生で見てみたい場合はどうすればいい?

特殊な形状の日本武道館

日本武道館は1964年の第1回東京オリンピックの柔道競技会場として作られた1964年オープンの武道館です。開館当初からイベントホールとして使用された歴史をもち、1966年に英国出身の某世界的アーティストが初の来日公演を行ってからは音楽ライブの開催が増えました。そして、現在では武道だけでなく音楽ライブの聖地として扱われているようなところがあります。民放の24時間生放送番組のマラソンのスタート・ゴール地点としても知られ、建物の形状が芸術的なため、観光客の中には武道館を見学しに来る人がたくさんいます。

“日本武道館の姿を生で見てみたい場合はどうすればいい?” の続きを読む