国内旅行をするなら訪れてみたいパワースポット

神話の中にも登場する聖域の岬

国内には神話や歴史が刻まれたさまざまなパワースポットが存在します。石川県の能登半島の先端にある珠洲岬は、聖域の岬とも呼ばれているパワースポットです。出雲風土記の国引きの神話にも登場する最果ての地であり、日本三大聖域の一つにも数えられています。上空のジェット気流、南北から流れる還流と暖流が交わる地域であり、空と海からのエネルギーが体感できるでしょう。日本海の海原を一望できる空中展望台や遊歩道として整備された青の洞窟などの見どころもたくさんあります。

たくさんのご利益がある箱根神社

箱根は関東地方の中でもパワースポットが集まっているエリアです。箱根神社は源頼朝が勝利を祈願した神社で、金運や勝負運アップがご利益として期待できるでしょう。箱根神社には5つの鳥居があり、一の鳥居から五の鳥居を順番にくぐっていくと良いとされています。箱根神社の隣には九頭龍神社の新宮があり、縁結びの神様であることから若い女性から人気です。九頭竜神社では9つの龍の口から龍神水という神水が湧き出ています。恋愛運が上がるとされており、ペットボトルにいれて持ち帰ることも可能です。

原生林の大自然が感じられる白神山地

世界遺産にも登録されている白神山地は、ブナの原生林や広がっている珍しい動物も生息しているスポットです。人の手の入っていない森の中を散策すれば自然のパワーも感じられるでしょう。特に青池では、沼の色がコバルトブルーに輝く幻想的な光景を見ることができます。国内旅行の際には神秘的なパワースポットに訪れてみて、心身ともに癒されてみてはいかがでしょうか。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です