日本武道館の姿を生で見てみたい場合はどうすればいい?

特殊な形状の日本武道館

日本武道館は1964年の第1回東京オリンピックの柔道競技会場として作られた1964年オープンの武道館です。開館当初からイベントホールとして使用された歴史をもち、1966年に英国出身の某世界的アーティストが初の来日公演を行ってからは音楽ライブの開催が増えました。そして、現在では武道だけでなく音楽ライブの聖地として扱われているようなところがあります。民放の24時間生放送番組のマラソンのスタート・ゴール地点としても知られ、建物の形状が芸術的なため、観光客の中には武道館を見学しに来る人がたくさんいます。

日本武道館の最寄り駅・アクセス情報

武道館をテーマにした日本の某大ヒットソングの歌詞にも登場するように、最寄り駅は九段下駅です。この駅は東京メトロ半蔵門線・東西線、都営地下鉄新宿線という計3路線の停車駅となっています。そして、例えば新幹線で地方から東京駅にやってきた場合、この駅に隣接する大手町駅からわずか2駅・4分で九段下駅まで到着します。ただし、東京駅西口から歩いても3km弱で、皇居の横を歩くと江戸時代の名残りをところどころで感じられるため、徒歩でアクセスするのも良いでしょう。

日本武道館付近の名所について

九段下駅から武道館にアクセスする場合は、田安門の門の下を通る事になります。この門は江戸時代に作られたもので趣ある雰囲気の門となっていますので、是非ゆっくり観察しながら通ってみてください。武道館の南側には北の丸公園・科学技術館・東京国立近代美術館などもあり、憧れの武道館の姿をじっくり見たあとはこういった場所に立ち寄っていくのも良いかもしれません。

フライアゴーでたのしい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です